小金持ちへの挑戦

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々の徹夜仕事

<<   作成日時 : 2005/06/26 14:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと更新間隔が空いてしまいました。飲みに出かけたり仕事で遅くなったりといろいろなことが重なったんですが、それでも更新しようと思えばできたわけで、しなかったのは自分に甘えがあったからだと反省してます。

それはさておき、仕事で遅くなった、というのは半端なく遅かったんですね。しかも金曜日は久々に徹夜になって会社に泊まりました。寝ずにずっと仕事してたんで「泊まった」という表現は適切でないかもしれません…
やっと一段落して家に帰って来たのは土曜日の夜です。さすがに疲れて今日は昼間で爆睡してました。週末はいろいろ予定を立てていたのに大幅に狂ってしまいましたorz

さてさて、僕の本業はソフトウェアの開発です。銀行や官庁系などのミッションクリティカル性の高いところで多く利用されています。
今回は、お客様のところでトラブルが発生し、その原因究明のために徹夜となったのですが、不幸中の幸いというか、トラブル自身も自然復旧し、お客様の業務には大きな影響がなかったようなので一安心です。いろいろな要素が重なり合って発生したトラブルだったのですが、原因もなんとか判明し、明日にはお客様に報告できる見込みです。

通常、パソコンを使っていてソフトウェアがおかしな動きをしても、リブートして元に戻ればあまり大騒ぎになることはありませんが、僕たちのお客様では、そういうところも非常に厳しく指摘されます。例えば今回のケースでは、何故トラブルが発生したのかの直接の原因と、その要因となった箇所の分析/調査、さらには自然復旧した原因までを厳しく追及されます。「問題なく動いてるんだからいいじゃん」と思わないわけでもないですが、お客様にしてみれば、10分システムが停まるだけで大きな損害を被ることになるわけで、今後のトラブルを未然に防ぐためにも厳しい原因究明を要求するのは当然なのでしょう。

このようなきびしいお客様ばかりずっと揉まれ続けているおかげで、厳しいプロジェクト管理/品質管理の元、非常に品質の良いソフトウェアを提供できていると自負しています。正直言って、Windowsの品質なんかとは比べものになりませんよ。ま、ターゲットユーザが異なるという点を差し引いてもあの程度の品質で出荷できるなんて羨ましい限りです(笑)。

今の会社に入社して10数年になりますが、ずっとそれ(厳しい管理)が当たり前だと思っていたんです。でも最近、それはかなりソフトウェアエンジニアリングに関してかなり進んでいるからだということが分かってきました。今のところ転職する気はあまりありませんが、ソフトウェア関係ならどこの会社でどんな仕事しても十分にやっていけるという自信になってます。

ふ〜んと思っていただければかまいませんので、ランキングへの投票もお願いいたします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々の徹夜仕事 小金持ちへの挑戦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる