小金持ちへの挑戦

アクセスカウンタ

zoom RSS ランダムに広告を表示するスクリプト Ver1.1

<<   作成日時 : 2005/10/15 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

半月ほど前に、ランダムに広告を表示するスクリプトの記事を2つ書いてスクリプトを公開しましたが、少し改造して他サイトで実際に運用を始めました。今回は実際の適用手順を紹介してみます。

【過去記事】
 9/28 ランダムに広告を表示するスクリプト
 9/29 ランダムに広告を表示するスクリプト(補足)

実際に適用するにあたっては、
  • スクリプト本体は外部ファイルに持つ

  • メンテナンスを簡単に...
ということに注意しました。ソースを見られて広告丸見えというも恥ずかしいし、プロモーションが終了した広告の取り外しは簡単に行いたいですからね。変更点としては push() メソッドを使うようにした、というだけですが、これでメンテナンスは容易になります。

【適用手順】
  1. 以下のスクリプトをメモ帳などにコピペする。

  2. プロモーション名と広告タグを書き換える。
    ※プロモーション名は単なるコメントだが後で分かりやすいように…

  3. プロモーション名と広告タグの行はコピペして増やして構わない。

  4. random_ads.js などの名前をつけて保存

  5. 4.で保存したファイルをサーバへアップロード

  6. 【<head>〜</head>の間に追加するタグ】をメモ帳などにコピペし、src="〜" URLを、5.でアップロードしたURLに変更する。

  7. HTMLソース(テンプレート)を編集し、6.のタグを追加

  8. 実際に広告を表示したい箇所に、【広告を表示したい箇所に書くタグ】を追加する。複数箇所に書くことができる。
    ※記事中に書いても良いが、テンプレートに追加するのが楽でしょう。

【スクリプト】
ads = new Array();

// プロモーション名
ads.push(' 広告タグ ');

// プロモーション名
ads.push(' 広告タグ ');

// プロモーション名
ads.push(' 広告タグ ');

function show_random_ads() {
    var i = Math.floor(Math.random() * ads.length);
    document.write(ads[i]);
}

【<head>〜</head>の間に追加するタグ】
<script type="text/javascript" src="http://hogehoge.com/random_ads.js"></script>

【広告を表示したい箇所に書くタグ】
<script type="text/javascript">
<!--
    show_random_ads();
//-->
</script>

実際に「韓国ドラマを無料で観よう!」に適用しています。Google AdSenseの右にあるバナーと、本文中の[PR]テキストがそれです。ここでは表示位置が全く違う2種類の広告を使っているので、上記スクリプトをさらに改造して使っていますが…(それぞれ変数とメソッドを別々に用意しています)。バナーについてはバリューコマースのローテーション広告が使えればすむことなんですけど、このサイトは承認却下されてしまったので(苦笑)。

DTIブログ … 話題の iPod nano を無料登録で20名様にプレゼント!(〜11/20)

なお、FC2ブログでしか試していませんが、他のブログでも使えると思います。ただし、ウェブリブログは制約が大きいのでそのまま適用するのは難しいかもしれません。少し工夫すれば可能でしょうけど…余力があったら試してみます。


この記事が少しでも参考になりましたら、ランキングへ投票(クリック)していただけると嬉しいです♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランダムに広告を表示するスクリプト Ver1.1 小金持ちへの挑戦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる