うれしい誤算

先月分の成果を集計して気づいたんですけど、ちょっと問題というか嬉しい誤算があり、ちょっと悩みました。僕にしては贅沢な悩みなんですが…。

何かと言えば税金のことです。

10月の成果が8万円を超えて、これまでの収入合計が13万円弱となりました。もし、11月と12月も同じくらいの成果を出せるとすると…約30万円の所得を得ることになります。10月の半分くらいとしても20万を超えてしまいます。

で、僕はサラリーマンなので、給与以外の収入(雑所得)が1年で20万円を超えたら、収入申告して所得税を納めなければならないわけです。
正直、今年は20万円を超えるわけがないと思っていて、税金対策は全くしていません。というか、20万超えたら納税義務があるということを知っているだけで、他のことはまるでわかってません…

で、慌てて給料補完計画で給料倍増♪さんのこちらの記事でちょっと勉強させて頂いたのですが、「30万円くらいまでなら必要経費を計上して無課税にできる」ということのようです。
でも、必要経費として計上するには領収書とか必要でしょうけど…ほとんど捨てちゃってるんですよね。
どういうものが経費に計上できて、どういう確証が必要となるのか、今現在はさっぱり分かってませんが、これから勉強して、なんとか非課税にできるように頑張ってみようと思います。
「成果をわざと抑えて 20 万超えないように調整する」という解もありますが、そんなもったいないことができるわけないですよね(笑)。

よもや今年税金対策の勉強をすることになるとは思いもしませんでしたが、ま、うれしい誤算とはこのことですね。

ランキング上位の方々は当然税金対策もばっちりでしょうね…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 投資にかかる税金の基本

    Excerpt: 投資税制について詳しく教えてほしい、というリクエストがあったので、さっそく調べてみた。日本の投資税制度は「投資家の損益に関係なく、集められるところから集める」という思想に基づいて設計されている。したが.. Weblog: ホンネの投資ノウハウ集 racked: 2005-11-10 02:35